アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき

キャリア磨きに力を入れたい人へのアドバイスです。

AtZ News Pick Up (2020/11/04)

気になるNewsをテーマに沿ってPick Upします。この中で気になったのは幸楽苑のラーメンや餃子がAmazonで買えるようになった「EC小売り」のニュースです(AWSにあるクラウドゲームサービス「Luna」も気になりますがこれは改めて)。Prime Dayが先月実施されましたが裏方でサポートしていて興味深かったのはいわゆる家電やPCなどのDealらしい商材に加え、Dealでない日用品や食料品などの商材の売り上げが上がったことです。これはCovid-19の影響によりEC利用率が上がったことにも依るものだと思います。そしてECで身近なものを買おうという購買行動が常態化したことを意味するとも思っています。

Amazonに限らずECで購入する事の利便性はやってみないと理解しづらいかもしれません。しかし一度その利便性を体験すると空気を吸うように当たり前の行動になってしまいます。私はAmazonの定期おトク便を使って調味料や洗剤や飲み物などを買っていますが、その利便性から、気付くと本当にたくさんの消耗品を定期便で買ってしまっています(家族からは玉手箱と呼ばれてます)。他の店舗と比べて絶対安いという安心感と、重いものやかさ張るものを買い物で買わなくてもいいという利便性は、空気のようで、でもおそらく多く割いていただろうと思われる私の時間(そしてたぶんそのストレス)を解放してくれています。

買い物には日用品の買い物の割合がほぼすべてでしょう(金額的、数量的にもおそらく8-9割)。よってこの大多数の購買を取り込むことがECによる購買比率を上げていく際の大きなポイントになります。まだまだ、チラシを見て1円よりも安い店を巡る主婦の方が多いかもしれませんが、シェアリングエコノミーの進化でバイトや副業が気軽にできる時代になれば数円のコストダウンに時間を費やすよりも、その時間を使ってお小遣い稼ぎをしたほうが利口な選択になります。この中長期的なトレンドを踏まえ、今のうちからEC業態との連携を挑戦するメーカーが今後も増えていくものと予想されます。

f:id:ikenobori:20201102184915j:plain

EC小売り

新型コロナウイルス感染症の影響により、おうち時間が増えたことから、自宅で簡単に調理でき外食気分を手軽に味わえる冷凍食品のニーズが高まったことを受け、すでに出店している「楽天市場」や「PayPayモール」に加えてAmazonでの販売を決定したという。

オペレーションズ

EC世界最大手・アマゾンの物流倉庫にロボットが導入された後、事故の数が業界平均値よりほぼ2倍に増えているという主張が提起された。

ファッション

Amazonは10月21日、世界で展開するオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon(マーチ バイ アマゾン)」を日本で開始した。

映画

三谷幸喜が脚本・演出、香取慎吾が主演のシチュエーションコメディ(シットコム)『誰かが、見ている』がAmazonプライム・ビデオで配信中だ。

アレクサ

AmazonがEchoシリーズを刷新した。ラインナップの構成も変わり、本体の構造も様変わりした。

AWS

アマゾンはこのほど、米国で月額制のクラウドゲームサービス「Luna」をローンチ。