アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき

キャリア磨きに力を入れたい人へのアドバイスです。

リーダーシップを発揮し仕事で成果をあげよう。そもそもリーダーシップとは何か。

f:id:ikenobori:20201011225215j:plain

これまではどのような仕事を選ぶのかについて述べてきました。危機感や切迫感を抱き仕事を選んでいるのか、そうでなければ自分の仕事の振り返りが不十分か、歴史観や人生観の磨き込みが不十分か、と述べました。

いよいよこれからは選んだ仕事でいかに成果を上げていくのかについて述べていきたいと思います。主にはリーダーシップの話となります。さてリーダーシップとは何でしょうか。定義の1つとして以下のようなものがあるようです。

Leadership is an interaction between two or more members of a group that often involves structuring or restructuring of the situation and the perceptions and expectations of the members. Leaders are agents of change - persons whose acts affect other people more than other people’ s acts affect them. Leadership occurs when one group member modifies the motivation or competencies of others in the group. (Bass, 1990, p. 19-20.) *1

1つ目の文からですが、リーダーシップとは2人以上のメンバーに対するInteraction(相互作用)であり、相互作用には、Situation(状況)やPerception(認識)やExpectation(期待)の構築・再構築が含まれる、とあります。

飛ばして3つ目の文には、リーダーシップの効果について触れられています。つまり、リーダーシップによりメンバーのモチベーションや能力を修正することができる、とあります。なので2つ目にあるように、リーダーはAgent of Change(変化の代理人)なのです。代理人と呼ばれて相応しいように、他の誰よりも、他者に対して影響を与えなければなりません。

このリーダーシップの定義を理解することはとても大きな意味があります。定義の中に社長は、とか組織の長は、とかいわゆる肩書や役職には一切触れられていない点です。リーダーは誰にでもなれるのです。たとえ一般社員であったとしても、組織に変化をもたらしたり、組織メンバーのモチベーションや能力を向上させたりする役割を果たす人はすべてがリーダーなのです。

リーダーは英語で書くとLeaderです。Leadとはリードすること。何をリードするかと言えば、ニュアンス的には左から右に動かしたり、上から下に降ろしたり、つまり変化を起こすと理解すればいいと思います。対比的に言われるのがManagement(マネジメント)です。

Managementは文字通り何かをマネージするという意味ですが、変化を起こすというより、目標のQCD(品質・コスト・納期)を達成するために、Man・Material・Machine・Method(ヒト・モノ・機械・プロセス)の4Mをコントロールする、ととらえるといいと思います。Managementは人事や投資決裁、そして結果のQCDに責任が問われます。なので役職者がその役割を演じるのが通常です。その点がリーダーとの大きな違いでもあります。

f:id:ikenobori:20201011225219j:plain

上記を踏まえると、仕事でいかに成果を上げるかについて大事なことはリーダーになり切る、ってことに尽きると思います。

最近では個人個人がリーダーシップを発揮する事が組織のカルチャーとして根付いているところも多くあります。典型的な例は私が所属するアマゾンです。アマゾンでは14のリーダーシッププリンシパルが定義されており、それぞれ所属する社員全員がこれを意識して行動することを推奨しています。実は人事評価のあらゆる場面でこれがベースになっていると言っても過言ではありません。

例えば採用面接はこの14つのプリンシパルに基づいた質問が事前に準備されその能力が評価に直接つながります。360度評価にも使われています。上司だけでなく、部下や同僚から、このプリンシパルが強いが、ここは弱く改善余地があるとフィードバックがもらえます。

求める人物像 Amazonでは、全員がリーダーです。Amazonには世界で共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条があります。 それは、チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、Amazonでは、全員がリーダーであるという考え方のもとで、社員一人ひとりが、全ての日々の活動において、常にこの「Our Leadership Principles」に従って行動するよう心がけています。*2

*1:入山 章栄. 世界標準の経営理論 (Kindle の位置No.5963-5966). ダイヤモンド社. Kindle 版.

*2:https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4967768051