アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき

キャリア磨きに力を入れたい人へのアドバイスです。

リーダーシップを発揮し仕事で成果をあげよう。そもそもリーダーシップとは何か。

これまではどのような仕事を選ぶのかについて述べてきました。危機感や切迫感を抱き仕事を選んでいるのか、そうでなければ自分の仕事の振り返りが不十分か、歴史観や人生観の磨き込みが不十分か、と述べました。 いよいよこれからは選んだ仕事でいかに成果を…

仕事を取りに行くために必要なもの。危機感や切迫感は抱いているか。

これまでのまとめを一旦行いたいと思います。まず第一線で活躍するビジネスリーダー、つまりキャリア上で成功するビジネスリーダーになるためにはどんなポイントを押さえておかなければならないかをこれまで中心に述べてきました。 どの参考書にも、どの本に…

未来は予見できるし作り出せる。そのための心構えとは。

未来は予見できるという話をここでしましたが、実は似たようなことが昔から本でも語られているってご存じでしょうか。 私の手元にある本に、このような一説があります。 心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具をもちいて自分の人…

松下幸之助氏に学ぶ。未来を予見するとはどういうことか。

今回は下記の続きです。 前回は歴史から学ぶことの意義についてお伝えしました。その話の流れで、歴史は、世の中には普遍的な法則があることを教えてくれる、ということに触れました。同じようなことを有名な経営者、松下幸之助氏がこのように述べています。…

キャリアの独自性が見えているか。読書などにより歴史観や人生観を洗練し自己効力感を倍増させよう。

先日、キャリア磨きに必要な8つポイントをフレームワークに整理してみましたが、今日はその2つめ、「キャリアの独自性が見えているか。読書などにより歴史観や人生観を洗練し自己効力感を倍増させよう。」について述べたいと思います。 ちなみに、1つめのポ…

今までの記事のまとめ(2020年10月26日現在)

このブログでは20年のキャリアを通じて私が学んだ事や経験した事を、できるだけ多面的に、できるだけ分かりやすく、参考となる本や学術論文などを交えながら、楽しくお伝えできればなと思っています。どこまでお伝えできているか分かりませんが、皆さんのキ…

修羅場体験がなぜキャリアにプラスに働くのか。

先日、修羅場体験がキャリア磨きにプラスに働くことを書きました。 ikenobori.com これは思いつきで言った話ではありません。実はこれは経験則的に会社の人事なども理解しているため、社内異動やローテーションを使って、優秀な次世代経営者に育てたい中堅・…

仕事上の期待成果と実績を対比しているか。目標達成が楽になったら別のキャリアを検討しよう。

先日、キャリア磨きに必要な8つポイントをフレームワークに整理してみました。今日はその1つめ、「仕事上の期待成果と実績を対比しているか。目標達成が楽になったら別のキャリアを検討しよう。」について述べたいと思います。 ikenobori.com キャリア磨きを…

第一線で活躍するビジネスリーダーになるために抑えておきたいポイントをフレームワークで整理してみた。

第一線で活躍するビジネスリーダーになりたい、大学卒業して就職した人はみんな一度はこのような気持ちになったはずです。だけどいつの間にか、会社の慣習に振り回され、先輩社員にイジられ、同期と仕事で差をつけられ、しまいには後輩に成果を取られてしま…

仕事によってモチベーションって変わるよね。それってなぜだっけを考察してみた(後半)

前回の振り返り 前回見てきたように、仕事に対するモチベーションは「仕事内容(関心度)」と「仕事の役立ち度(功利性)」に大きく左右されると説明できそうです。例えば、仕事の経験が少ないキャリア初期は「功利性」よりも「関心度」に敏感である一方で、…

仕事によってモチベーションって変わるよね。それってなぜだっけを考察してみた(前半)

ここでは、仕事に対するモチベーションが時間経過や環境変化によりどう変化するのか(すべきなのか)、またそのモチベーションの源泉はどこから生まれるのか(生み出さないといけないのか)を、自らのキャリア変遷を通じて考察してみたいと思います。 考察に…